はじめてのあなたへ

アンプルールとは

アンプルールは、“手に届くラグジュアリー”をお届けします。

アンプルールは、2003年の誕生以来、いつも美しくありたいと願う、多くのお客さまに愛され続けているラグジュアリーブランドです。

ラグジュアリー(luxury)とは“贅沢”という意味。私たちが考えるラグジュアリーとは内面から満ちあふれる豊かさ。大事にしたいのは、物質的な賛沢や人工的な美を追い求めるのではなく、本当の価値や等身大の自分らしさだと考えています。

ご自身の心・肌・人生をていねいに慈しむあなたに、アンプルールは「真の贅沢さ」をお届けすることをお約束します。

“手に届くラグジュアリー”をお届けします

上品で機能的なパッケージ

ドレッサーに並ぶ化粧品のボトルはあなたらしさの象徴。実用的であるだけでなく、手にしたときに感じるときめきや満足感もたいせつな要素。中身の品質をしっかり守る機能性とシンプルかつ上品なデザインのバランスを大切に考えています。

安らぎをもたらす香り

アンプルールは化粧品の香りも女性の美しさや豊かな気持ちを高める大切な一部と考えています。直接肌につける自分はもちろん、大切な家族やパートナーなど周囲の人にも安らぎをもたらすような穏やかな香りを心がけて開発を行っています。

品質重視の姿勢

アンプルールの製品は大げさなパッケージや広告宣伝費など余計なコストを極力抑え、品質重視の姿勢をつらぬいています。通信販売やサロン、一部店舗など限定されたルートのみで商品をお届けしているのも、このため。だからこそ、クリニッククオリティの高品質な商品を続けやすい価格でお届けできるのです。

アンプルールは、肌に良いものしか世の中に出しません。

アンプルールは、皮膚科医師が商品開発のディレクションを務めるドクターズコスメです。

高瀬聡子医師のもと自社独自の厳密な効果測定基準を設け、肌効果が確認できないものは決して商品化しません。
また、数値データのみならず、テクスチャーや香りなどの使い心地にも女性の五感を満たす贅沢さを追求しています。

何よりも肌を大切に考えるあなたに、アンプルールは確実な結果と満足をお約束します。

肌に良いものしか世の中に出しません

先進の成分と安全性

アンプルールは、肌に悩みを持つ女性を一人でも多く救いたいという熱い想いから出発しました。先進のメディカルサイエンスに基づき、効果と安全性を高いレベルで両立。様々なお悩みに確かな肌実感をお届けします。

妥協を許さない製品づくり

すべての製品は、クリニックの協力のもと有用性や安全性のモニターテストを実施。納得のゆく結果が確認できるまで何度も試作を繰り返します。時には発売を延期・中止することも。常に最高品質をお届けするため、一切の妥協を許しません。

至福の時間へ誘うスキンケア

アンプルールは、化粧品を使う幸福感を高めることも、美を開く大切な鍵と考えます。うっとりするテクスチャー、心をやわらげる上質な香りに包まれるたび、美しさは階段を昇っていくからです。朝晩のお手入れが楽しみでならない、贅沢でドラマティックな五感をしげきする使い心地。毎日のスキンケアを至福の時間へと誘います。

アンプルールは、幸せのためのスキンケアです。

アンプルールは、女性の幸せに寄り添う存在でありたいと考えています。

女性は肌がキレイになることでもっと輝ける。
自信に満ちた女性の笑顔は周りの人たちも幸せにします。
結婚・出産・キャリアライフステージで直面する様々な肌悩みをサポートすることが私たちの使命。

どんなときも幸せでいたい
あなたの人生のパートナーであり続けることを、アンプルールは約束します。

幸せのためのスキンケアです

あなたのパートナー

肌のお悩みや製品に関するご質問など、経験豊富なスキンコンシェルジェがあなたからのお声に複数の窓口で直接お応えします。また、お客さまそれぞれのライフスタイルやお悩みの度合いによって選んでいただけるよう、効果・年齢・価格帯に応じた幅広いラインナップをご用意。いつでもお気軽にご相談ください。

社員が一番の愛用者

お客さまに本当の笑顔をおとどけするために。私たちは社員自身の幸せも大切にします。
産休・育休制度をはじめ、時短勤務制度などを利用し、あらゆる年代の女性が働いています。お客さまと同じ一人の女性として、そしてアンプルールの一番の愛用者として、ひとりひとりの社員が責任感と誇りを持って働きながら、より良い商品・サービスをお届けするために常に努力を重ねています。

あらゆる人の幸せのためのBEAUTY SMILE PROJECT

ひとつの責任あるブランドとして、人として、何か私たちにできることを。2011年に独自の支援プロジェクト「BEAUTY SMILE PROJECT」を設立。東日本大震災復興支援プロジェクトをはじめとして、収益の一部を慈善活動や復興支援の団体に寄付することで、あらゆる人の幸せな未来のため、社会の一員として貢献していきたいと考えています。