今よりもっと輝く肌に! 夏美容Q&A〜紫外線対策〜

2019/06/21
夏には夏特有の肌トラブルが生まれます。
いつものケアにプラスする、または先んじてお手入れすることでキープだけでなく、さらにキレイな肌に。

真夏の強い紫外線が心配……。日焼け止めを塗るときのポイントは?

UVパウダーやUVスプレーを重ねて何重にも防御を

最近はファンデーションの下地に日焼け止め効果を両立させたものが多く、しかも高いSPFやPA値を備えています。それだけでもUVブロック効果がありますが、鼻や頬骨の高い場所は紫外線が当たりやすいので、そこは重ね塗りを。上からSPFやPAを備えたファンデーションやUVパウダーなどを重ねれば、さらに防御できるはず。
あと、忘れがちなのは髪の紫外線プロテクト。こちらはヘアアレンジの前に、頭皮や髪をカバーするようにUV効果のあるスプレーで保護するのがおすすめ。髪全体にいきわたらせ、紫外線によるダメージをブロックしましょう。
紫外線対策1

日焼け止め以外の紫外線対策はどうすればいい?

物理的なブロックに加えて、ビタミンCがおすすめ

日焼け止めは、年間を通して紫外線対策に必要です。夏に徹底的に日焼けを避けるなら、日焼け止めに加えて日傘や帽子、UVカット効果のある長袖や手袋なども取り入れて。
もうひとつおすすめなのが、ビタミンC入りのコスメを使うことです。ビタミンCは紫外線から肌が受けるダメージをブロックしたり、紫外線によって発生した活性酸素をいち早く鎮静化する働きがあります。
朝のケアで取り入れれば紫外線ダメージの予防になり、夜のケアで取り入れると、紫外線ダメージから回復するサポートになるわけです。夏場は朝も夜もビタミンC入りのスキンケアを積極的にお手入れに加えましょう。夏の美肌づくりの強い味方になってくれます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

うっかり日焼けした時の対処方法は?

まずはクールダウン。氷嚢(ひょうのう)を活躍させましょう!

日焼け止めを塗り忘れた!とか、意外と長く外にいるハメになったなど、“うっかり日焼け”はどんなに気を付けていても起きるもの。
そんなときは、まず氷で冷やしましょう。ここで『保冷材』を使うのはアウト。保冷材は0℃以下まで冷えてしまうので、肌細胞を傷つけてしまう可能性があるからです。
おすすめは氷嚢に氷とお水をたっぷり入れ、それを日焼けしたエリアに当てて炎症を収めること。氷は0℃から下の温度にはいかないため、肌に長時間当てていても安心です。赤みやほてりが収まったら紫外線で奪われた水分を補給しましょう。
紫外線対策3


おすすめPick Up