新安定型ハイドロキノンとは?

その効果は一般的美白成分の約100倍

ハイドロキノンとは美白成分開発の際には効果目標とされる「究極の美白成分」で、シミの原因であるメラニン生成の際に働くチロシナーゼ酵素の活性を抑える効果が非常に高い成分です。 一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼの活性において約100倍の抑制力があるという研究結果が出ています。 (右図) さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用により、薄くする働きがあるので、まさに最強の成分と言えます。
しかし、その高い美白効果の反面、酸素や光に対して不安定であること等の理由により2001年の薬事法改正まで、日本では医師の処方箋が必要でした。

チロシナーゼ

BCDACに守られ、安定性も大幅アップ

この従来のハイドロキノンと、それを安定させる物質BCDACを合成させてできた新型の分子錯体結晶(右図)が「新安定型ハイドロキノン」です。 美白効果が保たれている一方で、従来のハイドロキノンより酸化しにくくなり、湿度や熱などにも耐性ができました。 つまり、これまでよりずっと安定して効果が発揮される上に、お肌に対する刺激感がなくなり安心して使っていただけるのです。 アンプルールは世界で初めて、この画期的成分を化粧品に配合しました。

メラニン合成の「本体」に直接作用

そもそもシミとは―。紫外線を浴びると表皮の最下部、基底層にあるメラノサイトでメラニンが合成され、紫外線の害から皮膚を守ります。 ところが、過剰につくられると表皮に蓄積されシミとなるのです。 メラニンの「本体」はメラノサイトにあるチロシンです。 チロシンがチロシナーゼという酵素と合体することで活性化し、メラニンが合成されます。 (右図)従来の美白成分は、主にチロシナーゼの働きを抑制することで間接的にチロシンの働きを抑えます。

一方、ハイドロキノンは、シミの「本体」であるチロシンに直接働きかけて抑制します。 チロシナーゼ活性の抑制においても、その威力はアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などよりもはるかに高いのです。 また、新安定型はBCDACをまとっているためか、メラノサイトに入りやすく、従来のハイドロキノン以上の美白効果を示す場合もあります。

新安定型ハイドロキノンの安全性

新安定型ハイドロキノンを主成分とする化粧品を開発するにあたり、新安定型ハイドロキノンの安全性を確認しました。 刺激性とアレルギー反応についての調査(パッチテスト)を行ったところ、全ての症例で陰性が確認されています。

平成13年度即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業(財)理工学振興会より また、50名のモニターに対し、肌の赤みの増減を測定したところ、増加した例はありませんでした。

新安定型ハイドロキノンが効くシミ

紫外線によるシミ・ソバカス

ホクロのような小さな日光黒子から、大きく濃い老人性色素斑まで、紫外線が原因のシミ、およびソバカス。

ホルモンバランスの乱れによるシミ

30代後半から見られる女性特有の肝斑とよばれるシミ。頬から目尻にかけて左右対称にできるのが特徴。

メラニンが真皮層にまで及んでいたりホクロ細胞が増加していたりと、メラニンの表皮内の増加以外の要因でできているシミは、ハイドロキノンを含め美白剤は効果がありません。

新安定型ハイドロキノンを配合したアイテムはこちら